ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)は、電気自動車(EV)「I.D」シリーズに商用のバンタイプを追加する(図1)。名称は「I.D BUZZ CARGO」。2021年をめどに欧州市場に投入する計画だ。同社は「IAA商用車ショー(IAA Commercial Vehicles show) 2018」(一般公開2018年9月20~27日、ドイツ・ハノーバー)で発売モデルに外観が近いコンセプト車を披露した。

図1 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)が披露した電気自動車(EV)バン「I.D BUZZ CARGO」、斜め前から
[画像のクリックで拡大表示]

 同車両の特徴は、容量111kWhのリチウムイオン電池を床下に搭載し、最大で550kmの経路を1回の充電で配送できること(WLTPモード)。30分で80%の容量まで充電可能にした。屋根には太陽光発電パネルを備え、日中に充電しておけば航続距離を10~15km延ばせる。

 そこまでの長距離配送を必要としない物流事業者には、電池容量が小さいモデルを用意して要望に応える考えだ。都市部をバンで配送する場合「1日あたり100~200km走行できれば十分」(日本の物流事業者)との意見がある。

 商用車として稼働率の向上を目指した車両だ(図2~5)。米自動車技術会(SAE)が定める自動運転レベルで「レベル4」相当の技術を適用する計画で、配送経路の移動は車両が担う。自動運転中はステアリングホイールがインストルメントパネル(インパネ)部分に収まり、運転者は他の業務に時間を使える。センターコンソール部分に搭載したタブレット端末で、配送先や経路の情報を確認し、配送先の近くに到着したら、荷室に搭載したもう一つの端末を使って、現地での小口配送の順路を確認する。

図2 斜め後ろ
[画像のクリックで拡大表示]
図3 後ろから、荷室にタブレット端末を備える
[画像のクリックで拡大表示]

図4 自動運転中はステアリングホイールを収納する
[画像のクリックで拡大表示]
図5 デジタル化したドアミラーを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら