シャープは「IFA 2018」(8月31日~9月5日、ドイツ・ベルリン)の開幕前日の8月30日に開催されたプレスカンファレンスで、8Kテレビ「AQUOS 8K」の第2展開を発表した(図1~図4)。既に欧州市場向けに第1弾の70型「LV-70X500E」を販売しているが、第2弾として80型を展開する。発売時期は2019年春、価格は未定である。

図1 第2世代「AQUOS 8K」の60型
[画像のクリックで拡大表示]
図2 第2世代「AQUOS 8K」の70型
[画像のクリックで拡大表示]
図3 第2世代「AQUOS 8K」の80型
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは日本では60型、70型、80型の商品化を予定しているが(日本向けは、12月の新4K8K衛星放送開始に合わせて発売)、その中から最大サイズの80型を欧州向けとして選択した。技術的には最新型の8Kイメージプロセッサーを搭載し、2Kや4Kからの8Kアップスケーリング性能を向上させた。100/120Hz駆動にも対応する(図4)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図4 モデルの化粧の様子をシャープの8Kカメラでライブ伝送

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら