VRやARで用いるヘッドマウントディスプレー(HMD)の視野角(FoV)を広げる研究開発が活発化している。視野角が広いほど、VR用HMDなら仮想空間に対して高い没入感を得やすく、AR用HMDの場合は現実空間に対してより広範に映像を重畳できる。2018年8月に開催された「SIGGRAPH 2018」(カナダ・バンクーバー)では、200度前後と言われる人間の視野角並みのVR用HMDや、従来の約2倍に相当する100度を超えるAR用HMDが登場した。

視野角200度超のVR用HMD

 210度という広視野角のVR用HMD「StarVR One」を開発したのは、台湾StarVRである(関連記事1)。視野角は水平210度と、これまでのVR用HMDの1.5倍以上の広さである。視野角が広い分、ディスプレーに表示された仮想空間をより自然に感じられる。比較的狭い仮想の建物内で、家具などが多数配置されている場合は、特にリアリティーを覚えやすい。

StarVR Oneの本体(日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 視線追跡(アイトラッキング)機能も特徴の1つ。視線追跡機能は、スウェーデンTobiiが開発したもの。近赤外のLEDで眼球を照らし、目の角膜からの反射光を近赤外線カメラで受光して目の動きを検知する。

 視線追跡機能によって、大きく3種類の機能を実現した。第1に、左右の目の「瞳孔間距離(Interpupillary distance:IPD)」を自動で測定する機能である。実際にはIPDの広い人もいれば、狭い人もおり、その個人差で映像の見え方が変わる。これまでは、IPDの平均値を考慮して接眼レンズを設計したり、ユーザーが手作業でレンズユニットを調節したりしていた。

 第2の機能は、ユーザーが注視している部分の映像に焦点を合わせ、あまり見ていない周辺視野部分の映像をぼかして自然な視界を実現するというものだ。これにより、映像描画時の処理負荷を軽減できる。

注視している部分の映像は、高解像度でレンダリングする(日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 第3は、ユーザーが仮想空間内のどの場所をよく見ているか、その注視度合いを測定する機能である。測定結果を基に、注視の「ヒートマップ」を作成できる。この機能をマーケティングに生かすことも考えている。

注視のヒートマップを作成。赤色などの暖色系が頻繁に見ていたところ(日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら