新型ディスプレーとして、この2~3年でにわかに注目株となった「マイクロLED」。その実像が、米国ロサンゼルスで5月20~25日に開催されたディスプレーの学会「SID 2018」で見えた。これまでは技術発表が中心だったが、今回のSIDでは、具体的な開発品や試作品が姿を現した。

 マイクロLEDでまず期待されているのは、液晶や有機ELをしのぐ表示性能を生かした直視型の大画面ディスプレーである。また、AR/VR用のマイクロディスプレーの開発にも多くのベンチャーや研究所が参入している。さらに今年は、マイクロLEDに先行して実用化が見えてきた「ミニLED」についても、液晶のバックライト応用という具体的な提案が相次いだ。

 これらの様々な新型LEDについて、数回にわたって順次レポートしていく。最初は、直視型のマイクロLEDディスプレーである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら