NTNは、タイヤの転舵角度を微調整する機構を付加したハブベアリング「sHUB」を「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)に初出展した。左右の前輪に1つずつ取り付け、運転時のハンドル操作を補助してタイヤの角度を最適に補正する。「非常時やコーナリング時に、sHUBによる調整で車体のふらつきを抑えられる」(同社説明員)。車両制御を開発する神奈川工科大学と共同開発を進めている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら