自動車用の防振ゴムなどを手掛ける住友理工は、運転者の疲労や眠気を検知できる座布団を開発し「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)で公開した。警告装置と組み合わせれば事故のリスクを減らせるとみる。2021年までの実用化を目指し、商用車メーカーや座席メーカーに売り込みを進める。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら