2020年に高速道路での実用化を目指すホンダの「レベル3」の自動運転システムが見えてきた。同システムの概要を、自動車部品の総合展示会「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)で展示した(図1)。

図1 自動運転のシステム構成
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 SAE(米自動車技術者会)が定めるレベル3の自動運転とは、加減速や操舵などの操作を一定の条件下でシステムが行う状態のこと。緊急時などは運転者に操作の権限を移す。「2020年に実用化する高速道路の自動運転では、今回のシステムが基本になる」(同社の説明員)とする。

 システムの概要を見ると、車両の周囲を監視するセンサーには単眼カメラと2種類のミリ波レーダー、LIDAR(レーザーレーダー)を使う。「単眼カメラとミリ波レーダー」、「単眼カメラとLIDAR」という2組のセンサーフュージョンで周囲を監視する。

 単眼カメラは、フロントウインドー上部の室内側に1個装着する。長距離用のミリ波レーダーはフロントグリル中央内側に1個、中距離用のミリ波レーダーはフロントとリアのバンバー左右内側に合計4個取り付ける。LIDARはリアバンパーの中央内側に1個、フロントとリアのバンパー左右内側に合計4個装着する。センサーの総数は11個となる(図2)。

図2 ミリ波レーダーで車両前方を監視
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら