閉じる

徹底解説コンピューターウイルス

 コンピューターウイルスの被害が相次いでいる。2019年後半に出現したEmotet(エモテット)ウイルスは世界中で猛威を振るっている。2017年以降はWannaCry(ワナクライ)に代表されるランサムウエアの被害が相次いでいる。

 狙われるのはパソコンばかりではない。IoT機器を狙うウイルスも多数出現している。2016年に出現したIoTウイルスのMirai(ミライ)についてはソースコードがインターネットで公開され、亜種(変種)が次々と作られている。

 また、ウイルスは企業のオフィスだけではなく工場などの製造現場にも侵入。企業の事業継続を危うくしている。

 こういった状況に対応するには、ウイルスに関する正しい知識が必要だ。被害の現状や対策の最新状況などを知っておくことが不可欠。

 そもそも「ウイルスとは何か」といった基本的な知識をすべてのユーザーが知っておくことも重要だ。多くの場合、企業ネットワークにウイルスを招き入れるのは、ユーザーの安易な行動である。

 正しい知識を持つことが何よりのウイルス対策。本書では必要最低限の知識を得るための記事をまとめたので参考にしてほしい。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る