三井住友銀行は全行挙げてRPAの活用を進めている。社外から専門家150人を集め推進組織を新設し、競わせて実力を引き出した。本格導入から1年間で110万時間以上のPC作業をなくす効果を得た。

[画像のクリックで拡大表示]

 700以上の業務で延べ110万時間以上のPC作業を撤廃――。三井住友銀行がグループ会社を巻き込んで2017年4月からの1年間で上げたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)導入の成果である。RPAは定型的なPC作業をソフトウエアのロボット(ソフトロボ)で自動化する技術だ。

図 三井住友銀行におけるRPAの適用実績と計画
300万時間のPC作業削減を目指す
[画像のクリックで拡大表示]

 三井住友フィナンシャルグループは2017年4月から3カ年の中期経営計画で、デジタル技術を使った生産性向上やペーパーレスを推し進めた次世代型店舗の展開を掲げている。三井住友銀行が生産性向上の切り札とみなすのがRPAだ。「マイナス金利の影響などで収益確保が厳しくなり、新規事業を急拡大しなければいけない。既存業務の効率を高めて、新規事業に挑戦する時間を捻出するにはRPAがうってつけだった」(山本慶経営企画部業務改革室上席推進役)。

三井住友銀行の本店ビル(左)。インターネットバンキングを体験してもらうデジタルスペースなどを設けた次世代型店舗(右)への移行も進める(写真提供:三井住友銀行)
[画像のクリックで拡大表示]

ルーチンワークをソフトロボが代替

 三井住友銀行はRPAによって削減した業務時間を3つの「余力」に振り向けた。1つめが付加価値の高い仕事をするための余力である。

図 RPA導入で捻出する3つの余力
質と量を高め、働き方改革も
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 代表例が営業部門だ。ソフトロボは毎日の始業前、営業担当者がその日に訪ねる顧客について、金融商品の運用リポートを作成している。スケジューラーから訪問先情報を集めたり、社内システムから顧客が運用する金融商品に関する情報を集めたりして自動作成している。

 リポート作成には人手だと1日当たり数十分はかかるとみられる。この時間を「提案内容の検討に充てられるようになった」(山本上席推進役)。

 2つめは「意欲を高めて働き方改革を進めるための余力」だ。金融商品の販売で問題がないかを調べる部署で効果が現れたという。

 同部署は雑務が特に多く働く意欲が下がりがちだった。というのも、社内システムから販売実績データを取得して1件ずつ内容を精査するという重要な役割を担うものの、単純な流れ作業が中心だったからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら