本記事は、日経 xTECHの 「開けてびっくり、iPhone XSとiPhone XS Maxの電池が全く違う」(2018年9月25日に掲載)を再編集したものです。

 米アップル(Apple)の2018年版新型iPhoneこと、2018年9月21日発売の「iPhone XS」(以下、XS)と「iPhone XS Max」(以下、XS Max)を分解していこう。巷では“進化が止まった”とも評されている新型iPhone。既存製品とはどのような違いが見られるのだろうか。また、ディスプレーのサイズなどを除けば機能的に同じとされているXSとXS Maxの違いはどうなっているのだろうか。

 今回、分解にはものづくりコワーキングスペースのDMM.make AKIBAにご協力いただいた。

iPhone XS Maxをヒートガンで温めた後、吸盤とヘラを使ってディスプレーを外す(以下、撮影:渡辺 慎一郎)
[画像のクリックで拡大表示]

熟練技術者の手により、あっさりとiPhone XS Maxのディスプレーが開いた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら