今回の地震の震源は北海道厚真町とむかわ町の境界付近で深さは37km、地震の規模を表すマグニチュードは6.7だった。東西方向に圧縮軸を持つ逆断層型で、地震発生時に断層が1.2mほどずれたとみられる。政府の地震調査委員会は2018年9月11日、震源付近を南北に延びる活断層「石狩低地東縁断層帯」が動いた可能性は否定できないとする見解を示した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら