首都高羽田線大規模更新/迂回路を一部供用、完了は26年度

 完成から50年以上が経過して老朽化した桟橋構造の高速道路を、仮設の迂回路を使って切り回しながら高架橋に造り替える工事。延長は約1.9km。2017年9月には、最初のステップとなる迂回路が陸側に完成し、上り線を切り替えた。この後、既設の上り線を撤去して新たな上り線の高架橋などを施工し、20年の東京五輪までに上り線のみ更新を終える。工事は五輪後も続き、全体の更新が完了するのは26年度の予定だ。

(撮影:川澄・小林研二写真事務所)
[画像のクリックで拡大表示]
(撮影:川澄・小林研二写真事務所)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら