2016年5月、東京国際空港(羽田空港)の滑走路34Rを離陸に向けて走行していた大韓航空2708便の左側のエンジンが突如火を噴いた。同機は直ちに離陸を中止。乗客302人と機長を含む乗務員17人の計319人は、滑走路上で非常脱出した。事故の直接の原因は、エンジン部品の加工ミスによる部分破断だった。

 運輸安全委員会は2018年7月末、東京国際空港(羽田空港)で発生した大韓航空機の事故に関する事故調査報告書(以下、報告書)を公表した1)。本稿では、報告書を基に事故の概要と原因について解説する。

大事故免れるも40人が軽傷

 事故の経緯を振り返る。事故が発生したのは2016年5月27日午後12時半過ぎ。韓国・金浦空港へのフライトに向け、大韓航空2708便(機体はボーイング777-300型)が羽田空港の滑走路34Rに侵入して離陸滑走を始めて間もなくだった。羽田空港の管制所が同機の左翼のエンジン(第1エンジン)から出火しているのに気づき、同機に緊急停止を指示した(図1)。

図1 第一エンジンから火を噴いた大韓航空2708便
事故は2016年5月27日に東京国際空港の滑走路で発生。韓国・金浦空港に向けて離陸滑走に入った直後に、管制所が異常に気付いた。(出所:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 直後に同機操縦室内でもエンジン火災警報が発報。機長は、走行を停止した後、第1エンジンへの燃料供給を遮断するとともに、マニュアルに沿って消化操作を実行した。その後、消防車が到着して消火活動が始まると、機長は非常脱出の措置をとった。離陸滑走の開始からここまで、約6分間の出来事である。

 その後、5つの非常口(ドア)が開き、緊急脱出スライド(滑り台)が展開して非常脱出が始まった*1。最初にドアが開いてから3分47秒後に最後の乗客が脱出し、その後に副機長、機長が脱出した。このとき、乗務員の呼びかけを無視して多くの乗客が荷物を持ってスライドを降りたという。そのせいもあってか、脱出時に乗客40人が打撲やかすり傷などの軽傷を負った。エンジンからの出火は駆けつけた消防車によって間もなく消し止められた。

*1 厳密には10あるうちの6つのドアが開いたが、うち1つはスライドが展開しなかった。加えて、スライドが展開したドアのうち左側最前方のドアは、火災を起こしたエンジンの前方であること、スライド降り口付近に消防車がいたことなどから使用されなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら