「今後10年で爆発的に増えるデータを、顧客企業がITの力で徹底活用できるようにする」。2019年11月に米国オースチンで開催された、米デルテクノロジーズのプレス・アナリスト向けイベント「Dell Technologies Summit」。基調講演に登壇したマイケル・デル会長兼CEO(最高経営責任者)は、今後のデータ活用に向けた新戦略を力を込めて話した。

「Dell Technologies Summit」で基調講演に登壇したマイケル・デル会長兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 「2007年には1年間で86ペタバイト(PB)のデータが生成された。2019年の今日では同じ量のデータが18時間ごとに生成されている。データはさらに増え続け、2030年にはわずか10分間で生成されるようになるだろう」。デル会長はデータが爆発的に増えてきた過去を振り返ったうえで、今後10年でデータ量が現在の100倍以上になるとの見通しを示した。

 デル会長は現在のデータ活用の課題について「複数のパブリッククラウドやプライベートクラウドなどにデータが分散しサイロ化している」と指摘。「データをシンプルに統合する必要がある」と強調した。

2030年には86ペタバイトのデータが10分間で生成されると予測する
[画像のクリックで拡大表示]
Dell EMC PowerOneを発表するジョン・ローズCTO(最高技術責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 Dell Technologies Summitではデータ統合に役立つ重要な新製品・新サービスをいくつか発表した。その目玉の1つが自律型インフラ製品「Dell EMC PowerOne」である。デルテクノロジーズは今後10年のデータ活用を推進するうえで欠かせない製品、サービスと位置付けている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら