2020年が幕を開けた。デジタル技術の進化によって人々の生活や社会はどう変わるのか。企業はどんな対応をすべきか。商機はどこにあるのか。20の技術や市場・関心事を対象に、2020年の行方を大胆予測した。今回はパソコン/スマホを取り上げる。

 Windows 7のサポート終了が4日後の2020年1月14日に迫っている。米マイクロソフトは最新のWindows 10を定期的な大型アップデートで「進化」させる方針を採る。従ってWindows OSのサポート終了に伴う大規模なパソコン更改需要は今回が最後となる。

 その「最後の祭」は2020年第1四半期(1~3月)までに終わり、以降はパソコンの国内市場が急速にしぼむ。実は2019年は「最後の祭」に沸いた1年だった。

 MM総研によれば、2019年度上期の国内PC総出荷台数は前年度同期比50.2%増の787万4000台(法人582万台、個人205万4000万台)だった。50.2%増という伸び率は2010年以降の上期中で最高という。

 伸びた最大要因はWindows 7サポート終了に向けたパソコンの入れ替えである。同社は2020年第1四半期の市場規模を前年同期比とほぼ同じとみている。Windows 7のサポート終了から少し遅れてパソコンを入れ替えるケースがあるためだ。だが、2020年第2四半期からは大幅な反動減になると予想している。

 政府は「小中学校に1人1台のパソコン配布」という施策を打ち出し、1000万台規模の需要が創出される見込みだが、これは2023年度までの目標にすぎない。2020年単独の出荷台数を大きく左右しそうにはない。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら