2020年が幕を開けた。デジタル技術の進化によって人々の生活や社会はどう変わるのか。企業はどんな対応をすべきか。商機はどこにあるのか。20の技術や市場・関心事を対象に、2020年の行方を大胆予測した。今回は働き方改革を取り上げる。

 企業が社員1人ひとりのニーズをくみ取って人事制度を改定・試行する「人事PoC(概念実証)」の動きが2020年は活発になるだろう。これにより一段と働きやすくなる。

図 働き方改革に関して予想される企業の動き
働き方改革はさらに加速
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年4月に施行された働き方改革関連法が背景にある。多様な働き方の実現を目指した同法は「残業は月45時間の上限を超えてはならない」「年5日の年次有給休暇を確実に取得させる」といった義務を企業に課した。違反すれば経営者らに罰則が科される。

 企業内部でも多様な働き方へのニーズが高まっている。働き方改革の動向に詳しいNTTデータ経営研究所の加藤真由美ビジネストランスフォーメーションユニットシニアマネージャーは「多くの企業で仕事と育児・介護を両立させたいという声が現場社員から上がっている」と話す。

 内外の変化を受け、ある大手企業は人事制度の見直し方法を変えた。従来は法にのっとり業界での標準的な在り方を調べ、検討に検討を重ねたうえで慎重に制度を確立させていた。制度改定の頻度も少なかった。これをまずは社員のニーズを組み上げ、ニーズありきで頻繁に制度を見直すようにした。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら