技術で未来をどこまで語れるか――。
2020年の展望、2030年の先見、2050年の未来社会を重要分野ごとに描いていく。