(写真:Getty Images)

 米グーグル(Google)が開発した最先端の人工知能(AI)が囲碁よりも難しいとされる戦略ゲームで人間のトッププレーヤーを破った。医療や文章読解の分野でも、人の能力を超え始めた。「AIは複雑な仕事においては人にかなわない」との常識が変わりつつある。自ら学んで力を付けるAI、何でもこなせる万能AIも、もはや夢ではない。AIの進化は労働人口の減少が見込まれる日本企業にとって福音となるだろう。それどころか全人類にとってのクリスマスプレゼントになるかもしれない。

出典:日経コンピュータ、2019年12月12日号 pp.24-37
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。