[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)の日本法人は2019年11月27日、新型の小型SUV(多目的スポーツ車)「T-Cross」の受注を開始したと発表した。納車は2020年1月下旬以降になる予定だ。

 VWグループのプラットフォーム「MQB(横置きエンジン車用モジュールマトリックス)」を適用したBセグメントの車両。同プラットフォームを適用することで、広い車内空間を実現した。

 VWの小型車「ゴルフ」や中型SUV「ティグアン」などの上級モデルと同等の先進運転支援システム(ADAS)を搭載し、予防安全機能を強化した。

 パワートレーンでは、排気量1.0Lで直列3気筒の直噴過給エンジン「TSI」を搭載。変速機は7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)「DSG」を組み合わせる。実用燃費の指標であるWLTCモード燃費は16.9km/Lで、JC08モード燃費は19.3km/Lとなっている。

 日本仕様車は、2種類を用意した。価格(消費税込み)はベースグレードが299万9000円、上級グレードが335万9000円である。