データファイルの保存先として使うストレージは容量の増加、読み書き速度の向上、小型化、新しいインターフェースの登場など、絶えず進化している。そこでいま一度、自分が保管したいデータやその扱い方に合ったストレージはどれかを考えてみよう。今回はノートPC向け内蔵ストレージにおいて中心的な役割を果たしているSSDとHDDについて見ていく。

 SSDは記憶媒体としてフラッシュメモリーを利用し、ファイルを高速に読み書きできる小型のストレージ機器だ。HDDのように高速回転する円盤を搭載しないため振動に強く、かつ高速なので、ストレージとしてSSDを搭載するノートPCが増えている。

 そこでまず、新しくノートPCを購入する場合に、ストレージとしてSSDとHDDどちらを搭載するモデルを選ぶべきかという点を考えてみよう。最近はSSDとHDDを両方搭載するノートPCも登場しているので、こうした製品についても後で触れたい。

ノートPCをどう使うかによって、最適なストレージは変わってくる
(撮影:竹内亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

高速で壊れにくいSSDはモバイルノートPCに最適

 ノートPCでよく使われるSSDは、「2.5インチSSD」である。この中には、様々なチップが載った薄い基板が1枚入っている。基板の上には「コントローラー」とよばれる制御用のチップと、ファイルを保存する媒体として利用するフラッシュメモリーが組み込まれている。CPUはストレージインターフェースを通じてコントローラーにアクセスし、フラッシュメモリーの読み書きを制御する。

 最近は、コントローラーとフラッシュメモリーが載った基板のみで構成される「M.2対応SSD」もある。2.5インチSSDよりもコンパクトで場所を取らず、より高速にファイルが読み書きできるのが特徴だ。

SSDの内部には、コントローラーチップとフラッシュメモリーが組み込まれた基板が入っている
(撮影:竹内亮介)
[画像のクリックで拡大表示]