「これは先駆的な製品だ」(フジテレビジョン 技術局 技術開発部 副部長の伊藤正史氏)。サイズが38.1mm×127mm×107.5mmと“小さい箱”が、テレビ局の映像配信関係者などを驚かせている。

 正体は「EdgeCaster 4K」と名付けられた、リアルタイムエンコーダー装置である。開発したのはVideon Central(ビデオンセントラル)という米国の会社である。実は同社は過去に、スマートテレビの‟走り“とも言える、米グーグル(Google)とソニーらが共同開発したプラットフォーム「Google TV(現在のAndroid TV)」や、YouTubeなどネットの映像コンテンツをテレビで視聴できるようにするグーグルのデバイス「Chromecast(クロームキャスト)」の開発を手掛けた、知る人ぞ知る企業である。

 EdgeCaster 4Kは、フジテレビが「FIVB ワールドカップバレーボール2019(W杯バレー)」(2019年9月14日~10月15日)の試合中継と同時に行った「超低遅延ライブ配信」(関連記事)で活用された。遅延が2~3秒という地上デジタル放送と同等の遅延時間で、人気選手にフォーカスするなどした別アングルの映像をスマートフォン(スマホ)に配信し、放送映像と同時に楽しめるという新サービスである。同装置は、このサービスの実現に不可欠だった。

リアルタイムエンコーダー装置「EdgeCaster 4K」を使った映像配信のデモの様子。CMAFの ULLモードに対応することで、通常は地デジと同等の2~3秒、ここでは約4秒の遅延で配信している。同装置は、国内では共同開発パートナーであるレクセル日本が総代理店を務めている(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

クアルコムのチップ採用で低コスト設計

 EdgeCaster 4Kが映像配信関連の技術者を驚かせた理由はいくつかある。まずは、2018年に国際標準化されたばかりの動画ファイルフォーマット規格「CMAF(Common Media Application Format)」の超低遅延(ULL)モードへの対応だ。CMAFはインターネットで汎用の通信プロトコルであるHTTP(Hypertext Transfer Protocol)に準拠しており、ULLモードによって通常は数十秒遅れる映像配信において、地デジと同等の超低遅延での配信が可能になる。他社がCMAFへの対応について「試作品」レベルにとどまっているのに対し、ビデオンは一早く発売にこぎつけた。放送機器業界には「(ビデオンは)競合他社を半年程度リードしている」と言う関係者もいる。

 もう1つの驚きは約50万円という価格だ。これまで先端の技術に対応したリアルタイムエンコーダー装置は、数百万円は下らないというが業界の常識だった。まさに桁違いのコストパフォーマンスだ。

 低価格化の秘密は、専用のエンコーダーLSIではなく、安価で消費電力が低いスマホ向けプロセッサーの採用にある。EdgeCaster 4Kは米クアルコム(Qualcomm)が2015年に発売したモバイル端末向けチップセット「Snapdragon 820」を搭載し、同チップセットが有するエンコーダー機能を使って動画を符号化する。このように大量に流通した、もはや“枯れた”スマホ向けプロセッサーをエンコーダー装置で利用するという発想は、これまで映像配信業界にはなかった。しかも、通常、クアルコムは大量の注文しか受け付けない。ビデオンの設計力とクアルコムとの関係性がなせた“わざ”とも言える。

 ビデオンの共同開発パートナーで、国内で総代理店を務めるレクセル日本によると、今回ビデオンはCMAF ULLに対応するためのソフトウエアやビデオカメラと接続するインターフェース部などを開発したという。

Videon Centralのリアルタイムエンコーダー装置「EdgeCaster 4K」の内部。クアルコム製のスマホ用チップセットを採用することなどでコストを下げた(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 EdgeCaster 4Kは、動画ストリーミング形式として一般的なHLS(HTTP Live Streaming)などをサポートするだけでなく、4K・8K放送などで利用される動画圧縮方式H.265(HEVC:Hight Efficiency Video Coding)にも対応している。

 つまり、4K対応のビデオカメラがあれば、EdgeCaster 4Kやクラウド、CDN(Contents Delivery Network)を使うことで、4K品質での低遅延の配信サービスが低コストでできてしまう。インターネットでの‟誰でも放送局“の実現である。

 

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら