(写真:Getty Images、CG:Shige)
[画像のクリックで拡大表示]

政府が成長戦略の柱に「副業」を位置づけたのに伴い、自社の社員に解禁する企業や他社の人材を受け入れる企業が増えている。だが副業は過重労働や情報漏洩といったリスクもある。取材とアンケート調査から、副業導入をめぐる企業の「損得勘定」を探る。

出典:日経コンピュータ、2019年11月28日号 pp.40-47 「副業導入の損得勘定」を改題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。