米テスラ(Tesla)の電気自動車(EV)「モデル3」を購入して独自に分析・分解する特集「テスラの最新EV『モデル3』徹底分解」――。今回は車載充電器の分解をお届けする。

 テスラ モデル3は、電池パックに高電圧の変換や分配を担う機能を集約している。電池パックの後方上部に「ペントハウス」と呼ぶボックスを設置し、車載充電器やDC-DCジャンクション、降圧DC-DCコンバーター、高電圧コントローラーを搭載した。

テスラ モデル3の電池パック
電池パックの後方上部に「ペントハウス」と呼ぶボックスがある。

 電池パックを車両に装着すると、ペントハウスの上面が車室の床面の開口部から突き出て、後席座面の骨格材となる。

テスラ モデル3の後席座面を外した様子
電池パックのペントハウスが骨格材として露出している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら