特集「テスラの最新EV『モデル3』徹底分解」の第2回は、実車試験の後編である。第1回で報じたように、運転支援機能「オートパイロット(Autopilot)」の作動時に優れたブレーキ制御を披露した米テスラ(Tesla)の電気自動車(EV)「モデル3」。では、緊急自動ブレーキの性能はどうか。Teslaは、車両と2輪車、歩行者には作動すると公表している。それ以外の対象物で試してみた。

 壁を模して重ねた段ボールに、モデル3は減速することなく突っ込んでいった(図1)。

図1 段ボールの壁には自動ブレーキは作動せず
警告ブザーすら作動しなかった。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 本特集の第1回で紹介したように、人に対して高い認識能力を示したモデル3の自動ブレーキ機能。同じ車両とは思えないほどに、壁との衝突時は無反応だった。

歩行者の認識能力は高かったが…

 モデル3は、周辺監視用センサーとして8個のカメラ(ルームミラー前に3眼カメラ、フェンダーに2個、センターピラーに2個、リアに1個)、12個の超音波センサー(前後に6個ずつ)、1個のミリ波レーダーを備える。

 このうち、緊急時の自動ブレーキで重要な役割を担うのが3眼カメラである。検知範囲の異なる3個のカメラを並べた。長距離を認識するカメラは最長で250m先の車両や歩行者を認識できる。

 実際、歩行者を模したダミーは、100m以上離れていても検知した。人の存在は、車内のダッシュボード中央付近に配置した15インチの液晶ディスプレーに、人のイラストが表示されることで確認できる。

 モデル3の緊急自動ブレーキ機能は他社のシステムと同様に、衝突の可能性が高まるとまず、警告音や表示によって運転者に危険を知らせる(図2)。それでも運転者が衝突の回避行動をとらないと、自動で急ブレーキを作動させて衝突の被害を軽減する。

図2 センターの液晶ディスプレーに警告を表示
人のイラストは通常灰色だが、警告の可能性が高まると赤色になる。ただ、運転をしながら色の変化を確認するのは難しい(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車メーカーが緊急自動ブレーキ機能の開発で強く意識しているのが、欧州で自動車アセスメントを手掛けるEuroNCAPだ。EuroNCAPは、車両や歩行者、自転車を衝突のターゲットに設定した緊急自動ブレーキ試験を実施中。最高評価の5つ星を獲得するために、各社はEuroNCAPの試験シナリオに対応できるように自動ブレーキ機能を作り込んでいる。

 では、EuroNCAPのシナリオ以外の条件でも自動ブレーキは作動するのか――。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら