(写真:PIXTA)

日本のAI(人工知能)人材は今や「品切れ」状態だ。外部人材は獲得競争が激しく、内部育成には時間がかかる。大学のAI人材供給力は米中どころかアジア諸国の後じんを拝する。この逆境を打破するヒントは、ラグビーワールドカップ2019日本大会を戦い抜いた日本代表チームにある。外国出身選手を大胆に抜てきし、3年前から国際大会にも参戦するなど経験を重ねることで実力をつけて初のベスト8入りを果たした。AI人材強化のカギも、まさに海外人材の活用と対外試合にある。

出典:日経コンピュータ、2019年11月14日号 pp.30-43 「世界に通じるAI人材の育て方」を改題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。