東日本高速道路会社の外山敬祐氏。1985年生まれ。2011年3月に千葉大学大学院工学研究科都市工学専攻を修了し、同年4月に東日本高速入社。北海道支社札幌管理事務所や関東支社水戸工事事務所などを経て16年7月~19年5月に関東支社交通技術課で5代目渋滞予報士を務めた。19年7月から東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に出向。関係者輸送企画課高速道路調整チームの主事に転じた(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本高速道路会社の外山敬祐氏は2019年5月末までの3年間、関東支社「渋滞予報士」の肩書でマスメディアやインターネットの動画などにたびたび登場した。まだ30代前半の一般社員でありながら、同社の“顔”の1人として活躍した。

 関東以外の支社にも渋滞予報士が1人ずついるが、関東支社は首都圏を所管するため注目度がひときわ高い。東日本高速の設立から2年後の07年に初代が就任し、外山氏は5代目に当たる。6代目は初の女性渋滞予報士として小宮奈保子氏が継承している。

インターネットの動画に出演して渋滞予報を行う外山敬祐氏。「特異日」は本来、毎年特定の天候になる確率が高い日を意味する気象用語だ。例えば11月3日は晴れの特異日として知られる
[画像のクリックで拡大表示]

 渋滞予報士は文字通り、道路の渋滞を予測して利用者に広く伝える役割を担う。気象用語の「特異日」になぞらえて渋滞が起こりやすい日を「渋滞の特異日」と表現するなど、気象予報士のような親しみやすい言い回しで予測を伝える。

 ただし、気象予報士と異なり、渋滞予報士は予報の的中率向上を必ずしも目指していない。

 「渋滞予報は予測される渋滞を道路利用者になるべく避けてもらうのが目的。常に的中してしまうのは渋滞回避の呼び掛けが無視されていることを意味し、好ましくない」(外山氏)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら