ITが競争力に直結するネットサービス企業にも情報システムの「老化」の脅威は迫っている。15年前に基幹系システムを構築したZOZOはITアーキテクチャーの刷新を急ぐ。

 ZOZOが描く、将来のITアーキテクチャーを見てみよう。ユーザーのアクセスを最初に受けるのは負荷分散のレイヤーだ。具体的には「グローバルロードバランサー」と「CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)」である。

ZOZOTOWN の将来のシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリケーションはマイクロサービスで構成する。その単位は「全文検索」「マスター参照」といった粒度だ。

 アプリケーションは必要に応じて瞬時にスケールできるようにしておく。「マイクロサービスでできるだけ粒度を小さく、軽く作っておくことでスケールさせやすい。究極はサーバーレス」と岡氏は言う。

 データストアは処理の内容に最適なクラウドサービス(マネージドサービス)を選んで使う。データストアも動的にスケールさせることを目指す。例えば、参照を早くするのであれば、リードレプリカ(読み出し専用の複製)を負荷に応じて動的に構築する。

 データストアのスケールについてはマネージドサービスの機能を使う。「データをどのように分散配置して読み出し速度を高めるか、同時書き込み時のデータの一貫性をどう確保するか、などはクラウドサービス各社の腕の見せどころ。処理特性に応じて最適なデータストアを選択する」と岡氏は言う。

 このITアーキテクチャーは一度構築して終わりではなく、新しいクラウドサービスを取り入れて進化するものだ。クラウドの最新機能を常にチェックする目利き力が必要になる。

 マイクロサービスの実行環境やデータストアのサービスは、必要に応じて最適なものを選択するため、必然的に実装環境はマルチクラウドになる。1社のクラウドベンダーに捕らわれず「クラウドロックインを避ける」(岡氏)。

 マルチクラウドを実現しやすい環境が整いつつあると岡氏は言う。有力なOSS(オープンソースソフトウエア)の開発元が自社でマネージドサービスを提供し始めたからだ。検索エンジンの「Elasticsearch」やNoSQLの「MongoDB」などだ。

 これらのマネージドサービスを使いたい場合、主要なパブリッククラウドをデプロイ先に選べ、クラウドベンダーに縛られずに好きなOSSを使える。しかも同じOSSであれば、マルチクラウドでのデータ移行がしやすくなる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら