IT用語として見慣れた言葉だからといって安心していたら、実は商標名だった――。一見、一般名詞のように思える字面なものの、IT製品やサービスの名称としては使えない登録商標の場合がある。ITエンジニアであっても、経済産業省所管の工業所有権情報・研修館が提供する「J-PlatPat」で商標を調べるすべを身に付けておきたい。

 商標とは、事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)とその呼び方(称呼)を指す。区別できないほど広まってしまった用語は審査で拒絶される。まだ一般には広まっていない、バズワードになる寸前の状態での出願が理想といえる。

 ただ言葉の組み合わせに応じて新規性が生まれるのが常だ。日経 xTECHのテーマで取り上げているIT用語も、他の言葉と組み合わせると商標になる。例えば「AI」を「タクシー」と組み合わせた「AIタクシー」はNTTドコモの登録商標だ。

IT用語+一般的な名詞から成る商標例
J-PlatPatで「商標(検索用)」を検索した結果。ステータスが申請の不備を意味する「方式未完」の行は除いた。内容は2019年11月6日時点
商標名区分ステータス出願人/権利者/名義人
AI MAP9、16、35、40、42、45存続-登録-継続国際航業
AIカメラ7、11係属-出願-審査待ち東芝ライフスタイル
AIタクシー9、35、39、42、45存続-登録-継続NTTドコモ
AIバス9、35、39、42、45存続-登録-継続NTTドコモ
AI会計42存続-登録-継続個人名
IoTアーキテクト38、42存続-登録-継続ブロードバンドタワー
IoTホーム38存続-登録-継続ラストワンマイル
IoTマンション38存続-登録-継続ラストワンマイル
IoTマンション35、36~40、45係属-出願-審査待ちラストワンマイル
IoT女子41係属-出願-審査中個人名
IoT女子35係属-出願-審査中コクー
RPA女子35存続-登録-継続コクー
RPA女子35、41、42存続-登録-継続MAIA
クラウドEDI42存続-登録-継続イークラフトマン
クラウドERP35、36存続-登録-継続フリー
クラウドRPA35存続-登録-継続BizteX
クラウドRPA42係属-出願-拒絶査定不服審判中BizteX
クラウド会計42存続-登録-継続フューチャー
ボトムアップIoT42存続-登録-継続アルファTKG
建設IoT42存続-登録-継続地域建設業新未来研究会
治療アプリ10存続-登録-継続キュア・アップ
治療アプリ9、42係属-出願-審査中ライフクエスト
治療アプリ44係属-出願-審査中個人名

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら