ダイハツ工業の「ロッキー」
(出所:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタ自動車の「ライズ」
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイハツ工業とトヨタ自動車は2019年11月5日、新型の小型SUV(多目的スポーツ車)「ロッキー/ライズ」を発売した。ダイハツの車両開発・生産手法「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基づいて開発した車両である。

 DNGAを適用した車両には、ダイハツの新型軽自動車「タント」がある。今回の新型車は同手法を適用する第2弾であり、同社がトヨタにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する初めての車両になる。

 DNGAに基づく新プラットフォームと軽量・高強度ボディーを適用することで、クルマとしての基本性能を高めた。また、広い乗員室と荷室を実現した。

 予防安全性能については、新型タントから採用する「次世代スマートアシスト」を搭載。タントのシステムに、死角検知機能(BSM)と後方を横切る車両を検知する機能(RCTA)の2機能を追加した。

 また、スマートフォンを活用したコネクテッドサービス「ダイハツコネクト」を初めて搭載した。

 価格(消費税込み)は、ダイハツ車のロッキーが170万5000円から、トヨタ車のライズが167万9000円から。月間の販売計画はダイハツ車が2000台、トヨタ車が4100台である。ダイハツの滋賀工場(滋賀県竜王町)で生産する。

 なお、ダイハツは小型SUV「ビーゴ」を、2006~2016年に日本で販売していた。3年ぶりに小型SUVの販売を再開する。また、1997年に国内販売を終了していた小型SUVの車名(ロッキー)を復活させた。