AIや情報通信技術(ICT)、ロボットなどの最新技術を導入し、蓄積した医療・健康データの活用にも積極的な病院「スマートホスピタル」が日本各地に出現している。医療・健康データの個人による活用が進めば、病院は将来、これまでより拡大した役割を果たすようになる。患者だけを対象とするのではなく、健康な人にも密接に関わるようになる。最新技術の取り込みは、日本が直面する超高齢化社会で医療を維持させるためにも不可欠だ。効率化と医療スタッフの働き方改革は待ったなし。変革を遂げる病院とその将来像を見た。

(出所:北原病院グループ)