[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車は2019年10月16日、新型の小型車「ヤリス」を世界初公開した。同社の小型車「ヴィッツ」の後継車で、9年ぶりの全面改良となる。2020年2月中旬に日本で発売する。

 4代目となる新型車は、トヨタの車両設計・開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を適用して、ボディーやパワートレーンなどを刷新し、クルマとしての基本性能を高めた。

 TNGAに基づくBセグメント車向けプラットフォーム「GA-B」を初めて適用し、軽量・高強度・高剛性のボディーを開発。現行車に比べて車両質量を50kg軽くしながら衝突安全に対応した。さらにボディーのねじり剛性を30%高めた。

 予防安全機能では、同社のADAS(先進運転支援システム)「Toyota Safety Sense(第2世代版)を全車に標準搭載。同システムの主要機能である自動ブレーキは、交差点における右折時の対向直進車と、右左折後の歩行者に対応する。これらの対応を公表するのは、日本の自動車メーカーでは初めてである。

 なお、ヴィッツはこれまで、海外ではヤリスの車名で販売していた。TNGAを適用して全面改良した今回の新型車から、車名をヤリスに統一する。