2019年11月、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 November 2019 Update」の配信が始まった。主要な新機能や変更点を見ていこう。

 Windows 10 November 2019 Update(以下November 2019 Update)では、ファイル エクスプローラーに高速のファイル検索機能が追加された。スタートメニューでも使い勝手を高める小規模な変更があった。

 Windows 10でファイル エクスプローラーを開くと、右上に検索ボックスがある。今回の更新では、この検索ボックスの機能が強化された。検索ボックスに文字列を入力すると、候補のファイルがドロップダウンリストで一覧表示されるようになった。

November 2019 Update適用後のファイル エクスプローラーの検索ボックス。入力文字列に応じて高速に候補ファイルが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 ドロップダウンリストで表示するファイル検索には、Windows 10のデスクトップ検索機能「Windows Search」で作成したインデックスを使用する。このため、検索結果を極めて高速に表示できる。

 これまでのファイル エクスプローラーのファイル検索は、Windows Searchを使った検索と通常のファイル検索を同時に実行していたため、PC全体の検索になると結果の表示まで時間がかかることがあった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら