台風19号の影響で庁舎が浸水した茨城県大子(だいご)町は、2020年2月に着工予定だった新庁舎建設計画の見直しに入った。現庁舎だけでなく、隣接する新庁舎の予定地も浸水したため、建設地の変更も含めて計画の再検討が必要と判断した。新庁舎は実施設計の大詰めを迎えていた。

大子(だいご)町の現庁舎。写真手前が久慈川の支流に当たる押川。台風19号による大雨の影響で押川と久慈川から越水し、庁舎の一部が浸水した。撮影は2019年10月14日午前11時20分ごろ(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
大子町が2019年3月に公開した、新庁舎の完成イメージ。右手はイベント広場だ(資料:遠藤克彦建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 町が19年3月に公表した基本設計図書によると、新庁舎は直接基礎による鉄骨造の地上2階建てで、延べ面積は約3500m2。建設予定地は久慈川支流の押川に面した町有地だ。町が作成した土砂災害・浸水ハザードマップによると、浸水想定区域内にある。

大子町が2019年3月に公開した、新庁舎の配置図。新庁舎の東側の空地が現庁舎のある位置(資料:大子町)
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜ、このような敷地を選んだのか。実は敷地を選定する際、他に2つの候補地があった。1つは民有地で、もう1つは中心市街地から離れた敷地だ。町は、水害時の対応を課題に挙げつつも、用地買収が不要な点や中心市街地に近く利便性が高い点などを考慮して、18年1月に現在の建設予定地を選んだ経緯がある。

 その後、町は同年6月に公募型プロポーザルで遠藤克彦建築研究所(東京都港区)を設計者に選定。同社は浸水対策として1階をピロティ形式の駐車場、2階と3階を執務室などとする構成を提案し、これをベースに基本設計を進めた。ところが、18年12月の選挙で経費削減を掲げた現町長が初当選。新庁舎の建設コスト圧縮や町民の交流スペースの拡充などを目的に、設計を見直すことになった。

2019年3月に町民説明会で公表した、見直し後の基本設計案(左)。右が1階をピロティ形式の駐車場、2~3階を庁舎機能としていた見直し前の設計案(資料:大子町)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら