2019年10月に来襲した台風19号による内水氾濫で、中心街が浸水した川崎市の武蔵小杉駅周辺エリア。街のアイコンでもあるタワーマンション群を襲った泥水は電気設備を停止させ、高い防災機能を備えたはずの超高層住宅などを機能不全に陥れた。

泥水に漬かった武蔵小杉駅周辺の市街地。写真右手に見えるタワーマンション「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」では停電が発生した。2019年10月13日午前0時過ぎに撮影(写真:読者提供)
[画像のクリックで拡大表示]
内水氾濫によって浸水した武蔵小杉駅周辺のマンション1階の店舗。地下の機械室が泥水に漬かり、停電していた。2019年10月13日に撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 被災直後の10月13日、記者は街中に張り巡らされた側溝を見て回った。側溝上部を覆うグレーチングには、泥水が噴出した痕跡が残っていた。この痕跡は今回の内水氾濫が多摩川の濁流によって引き起こされた証左となる。

武蔵小杉駅横須賀線口交差点の様子。2019年10月12日の夜には、乗用車が進入できないほどの水深があったとみられる。10月13日撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 周辺地域に降った雨水が原因の内水氾濫なら、浸水した水に混じる泥がもっと少なくなる。では、増水した多摩川の濁流はどのように武蔵小杉の中心街まで運ばれたのか。取材で分かったメカニズムは以下の通りだ。

武蔵小杉駅周辺の下水道管の敷設図。赤線が主要な下水道管だ。水色の太線は多摩川の濁流が逆流したとみられる経路を示す。多摩川につながる山王排水樋管から入った泥水が、市街地まで運ばれた(資料:川崎市の資料を基に日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 上の図は川崎市の下水道台帳を基に作成した武蔵小杉駅周辺の下水道管の敷設図だ。道路に沿って張り巡らされた赤線が主要な下水道管を示す。同地区の汚水と雨水の大半は合流して、図の右上にある「山王排水樋管」から多摩川に排出される。

 しかし、台風19号による豪雨で多摩川の水位が上昇して、河川の水が下水道管に逆流。下水を押し戻すように中心街まで河川からの泥水を運んだ。水色の太線は市上下水道局が推定した河川水の浸入経路だ。幹線となる下水道管から毛細血管のように延びた側溝にまで泥水が入り込んだ結果、街の各所に泥の池が出現した。

武蔵小杉駅近くに位置する中原消防署前交差点。東急電鉄の武蔵小杉駅前から同交差点にかけて緩やかな下り勾配になっており、浸水した箇所が多い。写真を撮影した2019年10月13日には泥の除去作業が進んでいた(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 山王排水樋管が多摩川と合流する地点には、下水道管を伝って川の水が市街地に逆流しないようにする手動式の門扉がある。台風19号が上陸した10月12日、施設を管理する川崎市は、この門扉を閉じなかった。

 その理由を市下水道部下水道管路課の小林康太課長は、次のように説明する。「台風19号による雨水の処理と多摩川の増水が同時に起こるという、山王排水樋管の運用規定で想定しない事態が発生していた」

土砂に埋もれた山王排水樋管。武蔵小杉駅周辺の汚水と雨水を多摩川に排出する。多摩川の水位が3.49mになると逆流する可能性がある。2019年10月17日の撮影時にはバックホーによる土砂の除去作業が行われていた(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
山王排水樋管を開閉する門扉。多摩川の水位が上昇すると予想され、かつ武蔵小杉駅周辺の陸側で降雨の予報がない場合に手動で閉門する(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 多摩川の水位は「A.P.(Arakawa Peil)」の基準で計測する。山王排水樋管は、約1km上流にある国土交通省が設置した観測所「田園調布(上)」の水位計が3.49mを超えた場合、川の水が下水道管に逆流する可能性が高くなる。

 そこで、普段は多摩川上流の水位や気象情報などを参考に、田園調布(上)の水位計が3.49mを上回るかどうかを、中原区や高津区を担当する市の中部下水道事務所が随時判断して閉門する。

 この閉門の判断には、「多摩川西岸の内陸側で降雨がないと確認された場合のみ」という条件が付く。多摩川の水位変動だけを判断材料に下水道管の出口を塞げば、武蔵小杉駅の周辺で豪雨が発生した際に、下水の処理能力を超えた雨水が内水氾濫を引き起こすためだ。小林課長は、「大雨警報が出ている限り、市は門扉を開け続けるという判断をせざるを得ない」と話す。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら