2019年10月12日の午前8時過ぎに千葉県市原市を襲った竜巻は、計89棟に上る建物被害をもたらした(10月18日時点)。このうち、住宅8棟と非住宅4棟は全壊していた。人的被害は、横転した車の中にいた男性1人の死亡と、倒壊した住宅内にいた子どもなど計9人の負傷が確認されている。

千葉県市原市で発生した竜巻による、2019年10月18日時点の被害の状況(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 被害は同市永吉地区から下野地区、潤井戸地区にかけて広がり、なかでも「下野」のバス停付近が著しかった。防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の鈴木真一主任研究員は現地の被害状況から、竜巻は南東から北西方向に約2km移動したと推定した。

防災科学技術研究所の鈴木真一主任研究員が作成した、被害の見られた場所。国土地理院地図を利用してまとめた(資料:防災科学技術研究所)
[画像のクリックで拡大表示]
深刻な被害を負った建物が多い下野地区周辺を、東を向いて見た状況。上の図の写真1に該当。10月14日に撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
フェンスの支柱が西側に倒れていた市津多目的グラウンドの東側。上の図の写真2に該当(写真:防災科学技術研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 この停留所付近にあるビニールハウス内で竜巻の通過を体験したという大橋安夫氏は、次のように語る。「ゴーという音が遠くから聞こえ、音と一緒に強風が近付いてきた。外に出ようとしたが風に押し戻されて出られず、ビニールが破れて支柱の鉄パイプがばらばらになった。1分以内の出来事だった」

飛散したビニールハウスの前で、竜巻が通過した時の様子を語る大橋安夫氏(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした住民の証言などから、銚子地方気象台は「突風」を「竜巻」であると発表。風速は約55m/秒と推定した。「日本版改良藤田スケール」で、6段階中の3番目に当たる「JEF2」の強さだとも伝えた。

 日本版改良藤田スケールが示す「JEF2」の主な被害は「鉄筋コンクリート製電柱の折損」「普通自動車の横転」「木造住宅の上部構造の変形に伴う壁の損傷」「木造小屋組み材の損壊」「鉄骨造倉庫の屋根ふき材の飛散」などだ。

日本版改良藤田スケールが示す階級と風速の関係。市原市の竜巻は6段階中の3番目に当たる「JEF2」であると銚子地方気象台は推定した(資料:気象庁)
[画像のクリックで拡大表示]

 10月14日の現地取材では、銚子地方気象台が「JEF2」と判断した根拠を示す、自動車の横転や電柱の破損などの被害を多数確認した。

折損した鉄筋コンクリート製の電柱。下野地区で10月14日に撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
 
横転した自動車。下野地区で10月14日に撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
 

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら