台風19号の豪雨で中心部に大規模な浸水があった宮城県丸森町。山間部では土砂崩落の多発で道路が寸断し、集落が孤立した。町災害対策本部によると10月16日時点で、町内の道路150カ所が斜面崩壊で塞がり、41カ所で道路の路盤が崩落した。日経クロステック記者が10月15日と16日に現地に入った。

倒壊した宮城県丸森町筆甫(ひっぽ)地区内にある住宅。10月16日午前10時ごろ撮影。丸森町災害対策本部によると、筆甫地区内には斜面崩壊に巻き込まれた住宅が複数あり、1人が死亡した(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 丸森町役場などがある町の中心部に流れ込んだ水が引いたのは、大雨から3日後の10月14日。同日、警察や消防、自衛隊による住民の安否確認や被害調査、物資輸送が始まった。町は15日に罹災(りさい)証明の受け付けを開始した。10月16日時点で死者5人、行方不明者5人。しかし、土砂崩落や道路陥没などによる影響で調査は進まず、被害の全容はつかめていない。

浸水被害があった丸森町役場。浸水深が最も高い時には、入り口の階段が見えない状態だった。職員らは車で移動できず、10月11日から14日にかけて孤立状態が続いた。10月15日午後4時ごろ撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
10月15日午後5時ごろの丸森町中心部の様子。水が引き、住民らが片付け作業を進めていた。道路脇には泥が大量に残っている(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
町中心部の水が引いた10月14日に、宮城県警察による住民の安否確認が始まった。丸森町災害対策本部は10月16日時点で、死者5人、行方不明者5人と発表した(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜ街は浸水したのか。丸森町の中心部は北側を阿武隈川、南側を阿武隈川支流の新川と内川に囲まれ、西側には山がそびえる盆地状の市街地だ。現地を調査した東北大学災害科学国際研究所の森口周二准教授(地盤工学)は、阿武隈川の氾濫ではなく、山に降った雨水が市街地に集まり、排水されずにあふれる「内水氾濫」が発生したと分析する。

台風19号の影響で浸水した宮城県丸森町の中心部。北側を阿武隈川、南側を阿武隈川支流の新川と内川で囲まれ、西側には山がそびえる(写真:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]
宮城県角田市と丸森町周辺の浸水推定段彩図。阿武隈川流域は広範囲で浸水した(資料:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

 「町中心部には、たまった水を阿武隈川支流の新川に吐き出す水門がある。しかし、大雨の影響で新川の水位が上昇し、市街地の地面の高さを超えたため、水門を開けることができず雨水を排水できなかった。阿武隈川の堤防が決壊していたら、より甚大な被害が生じていただろう」(森口准教授)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら