2019年9月9日未明に上陸した台風15号で著しい被害が発生した千葉県。ほぼ1カ月後の10月12日夜、さらに強力な台風19号が襲った。10月14日、15号の被害が大きかった県南西部の南房総市と館山市、鋸南町を取材すると、強風でブルーシートが剥がれて損傷箇所があらわになっている住宅が多数見つかった。剥がれたのは、15号で被災した箇所を応急処置していたブルーシートだ。

(関連記事:台風15号で露見した仕様別の弱点平時にブルーシート張りの訓練を、台風15号の教訓

台風15号で被災した箇所のブルーシートが、19号で剥がれた。写真は南房総市富浦町の住宅(写真:佐々木建築)
[画像のクリックで拡大表示]

 鋸南町でブルーシート張りボランティアの派遣依頼を住民から受け付けているNPO法人(特定非営利活動法人)アドラ・ジャパンの小出一博プログラム・オフィサーは、「町内を見回った印象では、15号被害によるブルーシート施工箇所の6割以上に不具合が発生しているようだ」と話す。

 館山市で観測された台風19号の最大風速は20.7m/秒、最大瞬間風速は33.9m/秒。15号に比べると低い観測値だが、土のうごとブルーシートを吹き飛ばすには十分な風圧力だった。

 福原建築(南房総市)の福原巧太取締役は、剥がれたブルーシートと土のうが屋根の上で絡まりあっているのに驚いていた。「ブルーシートの絡まりをほどいて剥がしてからでないとシートを張り直せないので、途方もなく大変な作業だ」と話す。

台風19号の通過後、福原建築がブルーシートの張り直し作業にあたっていた鋸南町の住宅。剥がれたブルーシートが絡まりあっていた(写真:福原建築)
[画像のクリックで拡大表示]
 

 佐々木建築(館山市)の大工職、佐々木義将氏は、屋根に重しで置いていたロープ付きの土のうに引っ張られて引き裂かれたブルーシートを発見した。使用していたシートは比較的厚みのある「#3000」タイプだ。

台風19号の強風で飛ばされた土のうと、それに引っ張られて引き裂かれたブルーシート。南房総市富浦町の住宅。厚みのある「#3000」のブルーシートを使用していた(写真:佐々木建築)
[画像のクリックで拡大表示]

 土のう自体が風圧力で吹き飛んで、外壁や開口部、車などを損傷させる二次被害も発生した。白いナイロンロープで重しの土のうを屋根の端部にくくり付けていた現場では、ロープが切れていたという。

 「水を吸収した土のうはコンクリートのように硬くて重くなっていたので、飛ぶと危険だ。動かす作業員にも支えている野地板にも、重すぎる負担だ」と福原取締役は話す。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら