「夢の超特急」といえる通信技術5G(第5世代移動通信システム)。2020年春の商用サービス開始に向け、通信各社の競争が加速している。端末や料金体系などのサービス戦略が少しずつ見えてきた。日本国内における5Gの商用サービスの全体像を探った。

 「2019年9月20日、料金こそいただかないが本格的に5G(プレサービス)を始める。商用サービスと同じネットワーク構成で5Gを体感してもらえる。2020年はNTTドコモにとっても日本にとっても大きな転換点になる」――。

 ドコモの吉沢和弘社長は2019年9月18日に開催した5Gのプレサービス発表会で力強く宣言した。ドコモはKDDI(au)、ソフトバンクと同じく2020年春に商用サービスを開始する予定だが、大規模なプレサービスで先駆けた。

図 ドコモの5Gプレサービス発表会
発表会の壇上に立つNTTドコモの吉沢和弘社長(左)
[画像のクリックで拡大表示]
図 同社の基地局展開計画
5Gのプレサービス開始を宣言

 発表会場には20件近い5Gの用途をデモ展示して意気込みを示した。「プレサービス開始時から3.7ギガヘルツ帯、4.5ギガヘルツ帯、28ギガヘルツ帯を運用するのはドコモだけ。2024年度末に2万6334局の5G基地局という計画は確実だ。前倒しを予定している」と吉沢社長の鼻息は荒い。前倒しを強調するあたりは、楽天モバイルとは違うといわんばかりだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら