<「2019年版iPhone全機種分解」これまでの記事>
iPhone 11 Proに巨大フレキシブル基板、2階建て基板もLightningジャックも一体化
6%小さくなったiPhone 11 ProのL字形電池、容量15%アップの秘密を探る
UWBと双方向充電はあるか? 噂の真相をiPhone 11 Pro分解で確認

 米アップル(Apple)が2019年9月に発表した新型「iPhone」(2019年版iPhone)3機種のうち、前回までは「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」(以下、11 Pro、11 Pro Max)を分解してきた。今回は、残りの「iPhone 11」を分解する。

iPhone 11の外観(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 このネーミングからも分かるように、2019年版iPhoneではiPhone 11が“標準モデル”に位置付けられている。2018年版は下位から順に「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の3機種で、真ん中のiPhone XSが標準モデル、iPhone XRは廉価モデルという位置付けだった。iPhone XRは発売当初こそメディアやアナリストなどから“酷評”を受けたものの、コストパフォーマンスの高さなどから次第にiPhone全機種の中でも大きなシェアを占めるようになっていた。2019年版でアップルが最も下位のiPhone 11を標準モデルに据えたのは、そのような経緯を考慮したのかもしれない。

 いずれにしても、アップルは初めからiPhone 11にかなりのボリュームを見込んでいるということである。それは、iPhone 11の設計にどのような影響を及ぼしたのか。11 Proや11 Pro Max、iPhone XRと比べながら見ていくことにした。引き続き、分解にはモノづくりのためのコワーキングスペース「DMM.make AKIBA」に協力してもらった。

メイン基板が小さい?

 既に11 proと11 Pro Maxの2機種を分解しているからか、エンジニアは慣れた手つきであっという間にiPhone 11の筐体を開けていった。側面のねじを外してから、ヒートガンで接着剤を溶かし、隙間にプラスチック片を挟み込んで筐体をこじ開けていくのは、今回も同様だ。

吸盤を使って隙間を広げていく(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 中をのぞくと、まず目に飛び込んでくるのは直方体のリチウム(Li)イオン電池。メイン基板や触覚フィードバック機能を実現する「Taptic Engine」といった主要部品の配置は、iPhone XRをほぼ踏襲しているようだ。

iPhone 11の筐体を開けたところ。主要部品の配置は、iPhone XRと似ている(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも、iPhone 11とiPhone XRは外形寸法(幅75.7×高さ150.9×厚さ8.3mm)や質量(194g)、ディスプレーの大きさ(6.1型)などが同じである。外見上の大きな違いといえば、リアカメラがiPhone XRは1個だったのに対し、iPhone 11は2個(メインと超広角)になったことぐらいか。改めて内部を見てみると、メイン基板の長手方向の寸法がiPhone XRよりも短くなっているようだ(詳細は後述)。それによって、カメラモジュールの設置スペースを確保したと考えられる。

iPhone XRの筐体を開けたところ(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 メイン基板を取り巻くように、たくさんのフレキシブル基板が層状に重なっているのも11 Proや11 Pro Maxと同じ。フレキシブル基板をコネクターから外した上で、メイン基板を筐体から取り出す。

メイン基板とカメラモジュールを接続するフレキシブル基板を外したところ(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
いよいよメイン基板が外れる(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 何と、iPhone 11のメイン基板は、11 Proや11 Pro Maxのメイン基板と同じく、2枚の実装基板を重ねた「2階建て」構造だった。iPhone XRのメイン基板は1枚(両面実装)だったので、これは大きな変更点といえる。前述の通り、iPhone 11はリアカメラが2個と、iPhone XRから1つ増えたので、メイン基板を2階建てにすることで新たに増えるカメラモジュールのスペースを確保したと考えられる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
2階建て構造を採用したiPhone 11のメイン基板。ほぼ長方形である(写真:加藤 康)

 実際に寸法を計測すると、iPhone 11のメイン基板は長手方向が約65mm、iPhone XRは最長部が約90mm、最短部でも約74mmだったので、かなり短くなっている印象だ(もう一辺はいずれも約20mm)。

iPhone XRのメイン基板。複雑な形状である(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 11のメイン基板は、同じく2階建て構造の11 Proや11 Pro Maxのメイン基板と比べても、非常に奇麗な長方形である。単に設計最適化の結果なのか、アップルならではの美意識によるものなのか、あるいは多様なデバイス(例えば、開発が噂されているヘッドマウントディスプレーなど)への転用を見据えているのか…。様々な妄想がかき立てられる。

iPhone 11 Proのメイン基板。長手方向の辺に“段差”があり、iPhone 11のメイン基板ほど奇麗な長方形ではない。縦横比もかなり異なる印象だ(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら