前回からの続き)

 前回に引き続き、米アップル(Apple)の「iPhone 11 Pro」(以下、11 Pro)と「iPhone 11 Pro Max」(以下、11 Pro Max)を分解していく。

 iPhoneの分解で意外に難関なのが2次電池の取り外しだ。電池についてはもともと交換可能であり、本来は外すことができる。引っ張るとはがれるタイプの両面テープで背面筐(きょう)体に固定されているというのが定石だ。

 ただし、その両面テープの引っ張るためのタブがどこに隠れているのかが分からない。11 Proではヒートガンで温めることで電池を外した。電池が大型化していることもあり、こうした方法を採ると電池が曲がってしまうこともあるが、今回はまっすぐな状態で取り外せた。

11 Proでは電池の接着位置が分からなかったため、ヒートガンで両面テープを温めてから取り外した
(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 確認すると、引っ張ってはがす両面テープがL字の電池の形に合わせて2カ所に貼られていることが分かった。上と下の2方向に引っ張れば取れるというわけだ。11 Pro Maxでは、両面テープを引っ張ってはがすことができた。

11 Pro Maxでは電池の端に両面テープのタブが見つけられた
(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
引っ張ると伸びてくる
(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
さらに引っ張ると長く伸びて両面テープが除去できる
(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
下方向にも引っ張る
(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
11 Pro Maxの電池が取り外せた
(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 11 Pro、11 Pro Maxとも、電池の組み立てメーカーは「Sunwoda Electronics」(欣旺達電子)。おなじみのアップルの中国系サプライチェーンの1社だ。L字形だったXSの電池も同社製だった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら