みんなが必要とするものを、より良い品質で、より早く、より安く作っていれば会社の成長は疑いない。そんな幸福な時代は残念ながら終わってしまった。多様化する消費者の嗜好や、ニッチな社会課題など、「スケールしないなあ」と思いつつも取り組まざるを得ないケースは増えている。そのようなケースへの対処は、個別最適による訴求、パーソナライズだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら