イノベーションという言葉は毎日のように目にするが、イノベーションが遠い存在と感じる人々は少なくない。だが、イノベーションに関するヒントは、実は身近にもある。例えば、その1つが料理。料理は毎日欠かせない存在でありながら、クリエーティブなものでもある。そこには、イノベーションに関する多くの「ヒント」が凝縮されている。このコラムでは、料理の世界で起きた多様なイノベーションを分析し、イノベーションの本質、イノベーションの多様性、イノベーションのプロセスを探る。

徐 航明(じょ・こうめい)
中国の古都・西安市出身。1990年代後半来日。東京工業大学大学院卒業。外資系通信メーカーを経て、日系電機メーカーに勤務。立命館大学デザイン科学センター客員研究員でもある。中国や日本などの異文化の比較研究、イノベーションの生成と普及などに興味を持ち、関連する執筆活動を行っている。著書に日経テクノロジーオンラインで連載していたコラム「イノベーション中国発?!」を加筆・修正して再構成した「リバース・イノベーション2.0」(CCCメディアハウス)と、「中華料理進化論」(イーストプレス)があり、「中国モノマネ工場――世界ブランドを揺さぶる『山寨革命』の衝撃」(阿甘著、日経BP社)の翻訳も手掛けた。
E-mail:xandtjp■yahoo.co.jp(■を半角の@に変換してください)