人工知能(AI)が、建築の設計や施工、維持管理を高速化し始めている。人手のかかる単純作業をコンピューターが「爆速」でこなしてくれれば、浮いた時間を人間にしかできない創造的な仕事や、ワークライフバランスの向上に充てることができる。AIをうまく使いこなせば、建築はまだまだ進化できるはずだ。

(写真:左からフジタ、日本システムウエア、大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

*掲載予定記事のタイトル・内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。