筆者はAI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)のコンサルティングや教育を手掛けています。ビジネスパーソンや学生から、AIの学習に関する質問をよく受けます。

 中でも代表的な質問を4種類取り上げ、回答します。非IT業界で働いている自分もAIを学ぶべきなのか、学ぶとしたら何から始めたらよいか。この回答を参考にしてみてください。

質問1:全ての企業がAIを学び、活用すべきでしょうか?

 必ずしも全ての企業がAIを活用しなければならないということはありません。しかしながら、活用する、しないに関わらず、AIを理解しておく必要はあります。

 活用すべきかどうかは、企業を取り巻く状況によって変わります。業界の動向や税務状況、現場の抱える課題などを踏まえた上で総合的に判断すべきです。

 良くないのは、AIを信奉しすぎるあまり、AIの導入を目的にプロジェクトを立ち上げることです。

 実は筆者の経験でも、AIを使うまでもなく通常のデータサイエンスで解決した事例が多くあります。必要がないのにAIを使おうとするのはコストのムダです。

 AIをきちんと理解していない経営者が「とにかくAIをやれ」と現場に指示し、同じくAIの使いどころを分からない現場が右往左往してしまう、といったことも起こります。結果的に費用ばかりかかって成果が得られません。こうした事態を防ぐには、メンバー皆がAIに対する正しい知識を持っている必要があります。

 逆に、AIを無条件に否定することもよくありません。AIに対する印象だけで判断し、専門家の意見を聞かずにAI活用の可能性を排除することは、大きな可能性を自ら捨てていると言えます。経営者がそうした姿勢では企業は競争力を失いますし、現場からも事業変革は起こりにくいでしょう。

 つまり、AIで何ができるのか、何ができないのかを判断できることが大事です。それには少なくとも、AIに必要なデータの種類や規模、AIによる予測の視点、AIを導入したときの運用業務といった知識は不可欠です。

 全ての企業に共通して言えるのは、AIを活用するかしないかに関わらず、今後はAIの影響を一切受けないビジネスを展開することは不可能だということです。ライバル企業がAIを使って業界の常識をくつがえす可能性があるからです。

 したがって、技術者や管理者、経営者が、AIがどういうものであるかをきちんと理解し、業界内およびライバル会社がどのように使おうとしているかを把握する必要があります。その上で「他社にない自社の強みは何か、その強化のためにAIが必要か否か」を検討し、判断することが求められます。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら