子供のころに誰もが憧れたドラえもんの「ひみつ道具」は、いつの日に、どんな形で現実になるのか。日経コンピュータの創刊1000号を記念し、大胆予測した。愛犬との会話や透明人間なども決して夢ではない。AIが人の能力を超えるとされる2045年までには実現する可能性のある5つの道具を紹介しよう。今回は「夢テレビ」について取り上げる。

 寝ている最中に見ている夢をテレビに映し出す。ドラえもんのひみつ道具「夢テレビ」は、夢という脳の中のイメージを映像にしてくれる。手軽に使えるようになるには10~20年はかかりそうだが、研究は着実に進んでいる。

©藤子プロ・小学館
[画像のクリックで拡大表示]

 脳内の活動を読み取って機械に取り込む技術はBMI(ブレーン・マシン・インターフェース)という。BMIに詳しいNTTデータ経営研究所の茨木拓也アソシエイトパートナーは「夢という脳内の複雑な現象に迫る研究で日本は最先端を走る」と話す。

 2013年に国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の神谷之康氏(現フェロー)のグループが発表した論文が世界的に有名だ。睡眠中の脳の状態をfMRI(脳内の血流などを計測する機械)を使って読み取り、並行して本人に夢の内容を聞いて記録する形で、脳活動と夢の中身の対応関係をモデル化。これを基に夢の可視化に成功した。ただし、ドラえもんの夢テレビに比べて映像が不鮮明で、読み取り装置が大がかりだという課題がある。

 2013年時点の映像は本やクルマなど20分野の物体が夢に登場するかどうかを判別できる程度だ。「テレビ」とはほど遠い。当時は脳の活動を映像化するための手がかりに乏しかった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら