(出所:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 オフィスワークの働き方改革の切り札として、ソフトウエアのロボットでパソコン作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が進んでいる。そうした中、大手企業を中心にRPAの導入に合わせて活用が進むデジタル技術がある。紙文書の内容を読み取ってテキストデータに変換するOCR(光学的文字認識)だ。

 「顧客や取引先から受け取った紙文書を見て、パソコンでデータを入力する」といった作業を効率化するためだ。最近ではAI(人工知能)を使って、紙文書の種類を分類したり、手書き文字を認識したりできる「AI OCR」も登場している。

 これらのOCRをうまく活用するにはどうしたらよいのか。RPAとどのように組み合わせると導入効果を高められるのか。他社に先駆けてOCRをRPAと組み合わせて導入している先進企業への取材から、7つのワザを紹介しよう。