舗装のひび割れを察知したドローンが3次元測量で形状を把握し、全自動で素早く補修する──。そんな時代の到来は、それほど遠くないかもしれない。

 英リーズ大学などが立ち上げた研究チームは、舗装などの劣化をセンサーが自動で察知し、ドローンやロボットが修復する「セルフ・リペアリング・シティー(自己治癒型都市)」の構想を掲げる。実現目標を2050年に据え、要素技術の開発を進めている。

2050年までに道路工事をなくす目標を掲げる英国の研究プロジェクト(資料:Self Repairing Cities)
[画像のクリックで拡大表示]

 注目技術の1つが、アスファルト舗装用の3Dプリンターだ。リーズ大学と英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームは18年6月、ドローンに搭載できるアスファルト3Dプリンターの試作機を公開した。

 UCLが中心となって開発を進める最新のアスファルト3Dプリンターは、口径2.5mmの吐出口から厚さ1~5mmでアスファルト材を出して積層する。アスファルト材に骨材は混ぜていない。粒状に加工したアスファルト材に熱を加えてスクリューでかくはんしながら押し出す「チャンバー」の高さは4.5cm。これを3軸方向に動かし、立体形状を自在に再現する。チャンバーは金属製で、先端付近に加熱装置と温度センサーを備える。

アスファルト舗装用の小型3Dプリンターを搭載したドローンの試作機(写真:リーズ大学)
[画像のクリックで拡大表示]
アスファルト3Dプリンターの模式図。アスファルト材に100~140℃の熱を加え、固まらないようにかくはんしながら吐出する(資料:ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら