病気の疑いはどの子?猫の不調を尿とAIで見抜くペットテックの威力

2019/10/03 05:00
安藤 正芳=日経 xTECH/日経SYSTEMS

 ペットと健康な暮らしを送るには、何よりもペットの病気にいち早く気づくことが大切だ。猫や犬にはなりやすい病気がある。それらの病気の兆候に気づき早期に治療を進められれば、ペットの病気の悪化を食い止めることができるかもしれない。

 ペット保険を販売する日本アニマル倶楽部が2017年10月に発表した調査結果では、7~10歳と11~20歳の猫の死因1位は「腎・泌尿器」である。徐々に腎臓の機能が低下してしまう慢性腎臓病は、はっきりと症状が表れにくいのが特徴。飼い主が気づいたときには病気が進行していることもある。

 そこで日ごろの尿のチェックが大切となる。腎臓の機能が低下した猫は水をたくさん飲むようになり尿の量が増える。そのため尿の色が薄くなり、臭いもあまりしなくなってくるという。飼い主がこのような兆候にいち早く気づければ、獣医の診断をきちんと受けて薬を処方してもらう、食べ物を変更する、といった対処ができるようになるわけだ。

 ただし忙しい毎日を送る飼い主がつきっきりで猫の尿を観察するのは難しい。このような問題をペットテックで解決しようとしているのがハチたまの堀宏治社長だ。同社はAI(人工知能)による尿の状態判定や顔認識機能を搭載した猫トイレ「toletta(トレッタ)」を開発した。

tolettaの外観
クリックすると拡大した画像が開きます

 tolettaは2層式の猫トイレだ。上の層に猫砂(砂状の猫用トイレ用品)を敷き詰め、猫の尿は砂を通り抜け下層に敷いたシートに吸収される。tolettaには体重計が備わっており、猫がトイレに入った前後の重量変化によって体重と尿の量を量る。ほかにも猫のトイレ滞在時間、尿の回数などを計測できる。

tolettaは2層式を採用している
(出所:ハチたま)
クリックすると拡大した画像が開きます

 猫がトイレで尿をすると、測定したデータがクラウドに送られる。体重の変化量やトイレの滞在時間、尿の量や回数などを統計データを基にAIで分析。結果が飼い主のスマートフォンに送られる。体調不良の兆候があればアラートを表示する。これで飼い主が猫の体調の変化にいち早く気づくことができるという。

スマホアプリの画面例
(出所:ハチたま)
クリックすると拡大した画像が開きます

この先は日経 xTECH有料会員の登録が必要です。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング