欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)パッケージ「SAP ERP(別名SAP ECC 6.0、以下ECC)」の標準サポート期間が2025年で終了する。サポート終了後は法改正などに対応できなくなるため、日本で2000社とされるECCのユーザー企業は今後5年間で基幹系システムを刷新しなければいけない。この刷新が間に合わない恐れが出てきた。SAPの「2025年問題」である。

移行を担うIT企業は既に手いっぱい

 SAPジャパンは2019年ごろからパートナーのIT企業を通じて、ECCのユーザー企業に最新版の「S/4HANA」に刷新するよう促してきた。ECCを10年以上使うと、蓄積する業務データ量が数十テラバイトにおよぶケースもある。このためデータ移行を含め刷新には一般に3年程度かかる。

 既にパートナー企業からは「受注済みの移行を請け負うだけで精いっぱい。新たな移行の依頼を受けても対応できない」との声が聞こえる。SAPジャパンも「パートナー企業はリソースが不足している」(工藤晶常務執行役員)と認める。試算ではパートナー企業のSAPコンサルタントは千人単位で不足するとみる。

 にもかかわらず2025年問題にいまだ危機感を持っていないユーザー企業が少なくない。SAPジャパンは移行済みの日本企業の数を明らかにしていないが、複数のパートナー企業は「少なく見積もっても2000社のうち1000社以上は刷新の検討にも着手していないのではないか」と口をそろえる。

 欧州SAPによると、2019年12月時点で全世界の1万2000社がECCからS/4HANAへの移行に着手していて、既に3700社が移行を完了した。グローバルでの進捗に比べて、日本企業の動きは遅いとみられる。

 「SAPジャパンは全てのユーザー(の移行)にコミットする。2025年に向けてポジティブに移行してもらいたい」。SAPジャパンでS/4HANAへの移行事業を担当する神沢正バイスプレジデントはこう話す。だがユーザー企業がなかなか決断せず、パートナー企業やSAPジャパンのリソース供給能力が不足するなか、残り5年で2000社全ての刷新を完了するのは至難の業だ。

 さらに2025年問題の解決を一段と難しくさせそうな事態が重なる。SAPジャパンの社長交代である。

 同社社長を6年近く務める福田譲氏は2020年3月で退任する。製造業を中心に営業経験が長く、現場に精通している福田氏は、SAPのユーザー会である「ジャパンSAPユーザーグループ(JSUG)」との関係も良好で、2025年問題の解決にも積極的に取り組んできた。

 同社初の新卒生え抜き社長として、パートナー企業での知名度もある。現場と顧客とパートナー企業に強く、2025年問題の解決に向けてリーダーシップを発揮してきた福田氏。このタイミングでの退任が落とす影は小さくない。

両極端の移行方式

 SAPジャパンも手をこまぬいているわけではない。SAPコンサルタント不足については、2024年までをめどにSAPジャパンとパートナー企業との合計で数千人を育てる目標だ。加えて、2019年後半からS/4HANAへの移行支援サービスを相次ぎ打ち出した。目玉の1つが移行における「第3の道」の提供だ。

 これまでECCからS/4HANAに移行する道は主に2つだった。S/4HANAの「新規導入」と、ECCのパラメーター設定やデータなどをS/4HANAに引き継ぐ「リビルド」だ。

 SAPジャパンは新規導入を「グリーンフィールドアプローチ」、リビルドを「ブラウンフィールドアプローチ」と呼んでいる。パートナー企業はこの2つの方法に沿って、ECCからS/4HANAへの移行サービスを提供してきた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら