「銀座で木造建築となると、象徴的な意味合いが重要になる。何らかのインパクトが必要だと考え、外装デザインはかなり練った」。こう話す建築家の隈研吾氏が出した答えは、単なる木の箱ではなく、樹木の枝が重なり合うようなファサード。「銀座に森が出現したイメージだ」と隈氏は言う。

「銀座8丁目開発計画(仮称)」の完成予想パース。隈研吾氏は、樹木の枝が重なり合うイメージでファサードをデザインした(資料:隈研吾建築都市設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 不動産賃貸をメインとするヒューリックは、東京・銀座8丁目の銀座通り(中央通り)に面した敷地で、地上12階建ての耐火木造ビル「銀座8丁目開発計画(仮称)」を進めている。着工は2020年の年初、完成は2021年秋ごろの予定だ。高さ約56m、延べ面積2451m2の商業テナントビルを建設する。耐火木造で12階建ての商業施設は日本初。設計・施工を竹中工務店が手掛け、デザイン監修を隈研吾建築都市設計事務所(東京・港)が担う。

 ヒューリックが耐火木造に取り組むのは、これが初となる。同社常務執行役員で開発推進部長の浦谷健史氏は、「CSR(企業の社会的責任)として環境への配慮から取り組み始めた。国内の林業育成や地方創生といった面からも、都市部の事業用ビルに木材を用いることが重要だと考えている」と説明する。

 建物は、間口約9mに対して高さが約56mと、塔状比(縦横比)が大きい。平面も、間口が1スパンなのに対して、奥行きは5スパンに及ぶ細長い形状。事業として成立させることが求められる中、施工コストも踏まえて考え出されたのが、木造と鉄骨造のハイブリッド構造だ。

銀座通りから見た低層部のイメージ。地下1階から地上2~3階までに物販のキーテナントが入居する予定(資料:隈研吾建築都市設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら